新聞折込を知る

新聞折込を知る

新聞折込を行う要因としてのアルバイト

新聞折込によくチラシが入れられたりしますが、その入れるための作業では通常機械により入れられています。ただ、入れた後に新聞とセットになっていますので、それを結束により一定数を紐で縛るなどの対応を人が行っていきます。

このとき、人が行う作業ですが、これを新聞折込業者がアルバイトを雇用してしてもらうことがよくあります。単純作業ですから、軽作業に分類して、同じ作業をし続けるようになっていきます。新聞とはいってもかなりの部数を束ねていますから相応に重く、アルバイトの力でも重労働になる場合があります。ある程度の部数はまとめるなどの工夫を作業所側がしてくれるのが常ですし、それほど問題にはならないケースもあるため、それぞれという状況です。

連続して働かせし続けることは能率が落ちるために、適度に休憩を入れてくれる場合が多くなっています。一息入れて適切に働かせるように、計算をしっかりとした時間配分で行動をしていくことになります。

新聞折込のみのアルバイトがあります。

朝刊をポストに取りに行くと、折り込み広告の入った新聞がほぼ毎日届きます。この折込広告はまず新聞配達所に届けられます。ほぼ新聞社ごとに、折り込み広告専門の取り扱い会社が存在し、印刷会社から届けられるチラシ類を取りまとめて、新聞配達所に前日の夕方までに届けられます。
広告取り扱い会社では各配達所のどのエリアに入れてほしいのか、配達所全体で取り扱ってほしいのかを要望に御応じてそのエリアに応じたチラシをまとめて用意してきます。それを配達所では新聞折込専用のセットアッパーをつかい広告のみをまとめて、翌日の朝刊に挟み込むために備えます。配達所の仕事は新聞の配達のアルバイトのみでなく、この新聞折込のセット作業や、翌朝の朝刊に折り込み広告を挟み込む仕事のみのアルバイトも存在します。
アルバイトはしたいけど、時間があまりない方は、この新聞折込を扱うだけの作業だけを求める配達所もありますので、配達所の社員や所長さんに尋ねてみるとよいでしょう。

注目サイト

最終更新日:2017/4/28